140字じゃ足んねぇもの達

Twitterに書き切れねぇもの達。

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』を観てくれ

まず初めに言っておきます。

ネタバレはありません

 

私はこれをまだ観ていない人へ向けて書いています。

けれど私より素直に『ユーフォ』を認めている人はゴマンといると思います。

私より丁寧に『ユーフォ』を紹介している人もゴマンといると思います。

 

だからって私はもう、Twitterで「良い......」なんて呟くだけでは収まらないのです。

 

なのであくまで、私の為に貴方方へ向けて、書かせていただきたいのです。

 

さほど長くはないので、読んでくだされば幸いです。

 

 

tv.anime-eupho.com

 

 

まず予備知識として。

ユーフォニアム」とは管楽器の一種です。ラッパとかと似たやつです。

 

で、『響け!ユーフォニアム』とは、とある学校の吹奏楽部が舞台のアニメです。

いわゆる青春モノです。

 

青春モノと聞くと甘酸っぱい印象を受けますでしょうか。

そうであれば本作品は、貴方の想像よりはもう少しシリアス寄りかもしれません。

それでも青春モノなのです。

『ユーフォ』の中の彼女達は、どうしようもなく青春していたのです。

 

この先は、是非とも本編でお確かめください。

 

 

そして、当ブログはもう本題に入ります。

 

私は別に、主人公の演技が凄まじいとか、

音響面まで緻密過ぎるとか、

動画という性質を上手く利用した作画演出が並外れてるとか、

その様なことを言いに来たのではないのです。

 

私がただ記しておきたいのは、

一言で表すなら "無敵" だな

と思った、ということだけなのです。

 

意味分かんないでしょう。私もです。

だって、最終回視聴後、なんとなく「あぁ、"無敵" だったなぁ」と、

ふと思い浮かんだだけですから。

 

しかしその後、私なりに何故 "無敵" なのかを考えてみました。

 

以下はその結論です。

 

 

この作品最高じゃない

この作品を観ないとアニオタとしては云々......なんてことはない

この作品は最強じゃない

この作品に私の人生の軸へ影響を及ぼすほどの力はない

 

しかし、

この作品の美へ追随する様な他の魅力ない

この作品の美に類似する様な他の作品性ない

響け!ユーフォニアム』は、全き、比類なきものに思えた。

 

 

............と、最終回直後の私は瞬間的にそう感じたのだと考察しました。

 

こうして文章にしてみると、クソみたいなポエムの様ですね。

 

兎も角、私が伝えたかったことは以上になります。

少しでも興味をもたれた方は、是非、どうぞ。

 

 

tv.anime-eupho.com

 

 

私が好きなものを、世界に知って欲しくて書きました。

今もまだ鼓膜に流れ続けるあのメロディーに、うかされる様にして書き殴りました。

作品に作品をぶつけられなかった私の、構成も推敲も無い駄文でした、失礼します。

ソシャゲのレビュー : Roll the Ball

●公式サイト

(なし)

 

 

●説明 (引用)

Here comes new BRAIN TEASERS from the maker of Block!, Pipe Lines : Hexa & Words Crush: Hidden Word!.

Roll The Ball: slide puzzle is a simple addictive unblock puzzle game, keep you playing it!

 

は?

 

 

スクリーンショット

f:id:erumojp:20170316224433p:plain

f:id:erumojp:20170316224420p:plain

f:id:erumojp:20170316224438p:plain

f:id:erumojp:20170316224438p:plain

f:id:erumojp:20170316224445p:plain

 

 

●総評

ブロックを動かしボールを導く、普通のパズルゲーム

なので5段階評価も何も無しなのだが......。

単にこういうのも好きってだけである。

 

以上

 

 

.....まぁなんと言いましょうか。ちょっと暇だったんですよ。

某ガールズバンドのソシャゲのリセマラをする手前、合間は微妙に手が空いちゃって。

まぁリセマラ終えたところで、どうせ続ける気は無いんですけどね。

じゃあ何でリセマラしてんだってね。

 

......収集つかなくなってきたので、DLのURL貼って終わります。

最後までお読みいただき、有難うございました。

 

 

Roll the Ball™ - slide puzzle

Roll the Ball™ - slide puzzle

  • BitMango
  • ゲーム
  • 無料

 

play.google.com

 

 

P.S.

このブログ書きながらリセマラしてたら超レア垢を引けました。

読者の皆様も、是非「ブログ書きながらリセマラ」、お試しください。

ソシャゲのレビュー : Fate/Grand Order

●公式サイト

www.fate-go.jp

 

 

●ゲーム説明 (引用)

TVでもおなじみ、TYPE-MOONがおくるFateRPG
スマホでも本格的なRPGが楽しめる。
文字数にして100万字超という、圧倒的なボリュームを堪能できるストーリー!
本編以外にもキャラクターごとにストーリーを用意し、Fateファンも今回はじめてFateの世界を体験される方も十分満足いただける内容となっています。

 

 

スクリーンショット

f:id:erumojp:20170227211800p:plain

f:id:erumojp:20170227211857p:plain

f:id:erumojp:20170227211959p:plain

f:id:erumojp:20170227212029p:plain

f:id:erumojp:20170227212112p:plain

 

 

●5段階評価

f:id:erumojp:20170228004328p:plain

 

・グラフィック ★★★★☆

 TYPE-MOON様代表の武内崇氏を筆頭に、名立たる神絵師たちが参加。

 キャラの成長に伴って差分一枚絵まで追加される。

 

・サウンド ★★★★☆

 聴き疲れもせず物足りなくもないBGM

 またキャラボイスはシナリオには付いていないものの、要所要所には満載

 

・シナリオ ★★★★★

 シナリオ構成はもちろん奈須きのこ氏。

 ちょっとだけ厨二病くさいが、それも含め文句なしの出来。

 

・UI...ユーザーインターフェイス ★★★☆☆

 ちょいちょい不便を感じる時もあるが、問題としては些細

 

・ゲーム ★★★★★

 正直、他ソシャゲのパクりじゃないだけでも★×4。

 また状況に応じて簡単な作戦も必要になるので、戦略(?)要素もアリ。

 他とは一線を画すと判断できるのではなかろうか。

 でも諸々の素材がクソ落ちにくいのはやり込み要素としてどうなん。

 

・ガチャ ★★★☆☆

 ガチャで獲得可能なのは「サーヴァント」と「概念礼装」の二種。

 しかしこれはつまり、キャラと装備(と呼ぶには酷だが)が混同したガチャを引くことになる。

 更にキャラ獲得率は43%SSRキャラは1%と、御世辞にも良いとは言えまい。

 でも石3個で1回引けるから許す。

 

 

●総評

上記の通り、ボリューム絶大のシナリオオリジナルのゲームが特徴。

またキャラ育成要素も申し分無いときた。

じっくりゲームを楽しみたい人には全力でオススメできる良ゲー

 

ただ、当ソシャゲはその名の通り、TYPE-MOON様のFateシリーズの一角。

なので人によっては「Fateに触れた事ないから」と尻込みしてしまうやも知れない。

だが安心してほしい。

あくまで系列の一つに数えられると云うだけで、続編という訳ではない

言ってしまえば、世界観が同じなだけなのだ。

実際に原作プレイ率を調べるアンケートもとってみたが、結果はこの通りであった。

 

まぁ勿論、他のTYPE-MOON作品を知っていた方が楽しめるのには違いない。

しかし新ジャンルを漁るのは、FGOをDLしてからでも遅くないのではなかろうか?

 

 

t.metaps.biz

 

t.metaps.biz

ごアイサツ

初めまして

 

まずは挨拶。

 

とは言え Twitterpixiv 等で、既に私の名を御存知と云う方も多いでしょう。

 

されども、此処は「はてなブログ」様のサイトであります。

更には、この記事が初投稿であります。

暫しの間、この外向きな挨拶に甘んじて頂きたく。おなーしゃーす

 

 

さて。改めて初めまして

私はえるもりうむといって、インターネット上で黒歴史を公開しまくっている輩。

要するに、よくいる趣味人です。

 

だので、この度にブログを始めた理由も、単に興味とかそんなものではあります。

 

ただまぁ折角なので、Twitterでは発信し難いことを主に投稿してゆく予定です。

拡大版Twitter的なノリでお付き合い頂けると幸いです。

 

 

……はい。

今回書こうと思っていた事は、もう書き終えてしまいました。

 

ブログだと書ける欄がべらぼうに広いので、持て余し気味な様子。

まぁ何も今から付け足す様なトピックは有りませんから、グダりながらもとします。

 

それでは。また暇になったら来ます。